[原创]日语二级考试必知句型

二级考必备句型
1. +あげく(あげくに)
表示一種結果,後面一般用過去時結句,所表示的結果往往是消極的,相當於“最後,最終”
さんざん悩んだあげく、彼に手紙で謝ることにした
考えに考えたあげく、アメリカへ留学に行くことに決めた
彼は長い病気のあげくに亡くなった。
遊んだあげくの果てに試験に落ちてい待った。
猶豫了很久,最後決定寫信向他道歉。
反復思考,最後決定去美國留學。
由於長時間生病,他最終去世了。
遊手好閒,最終考試不及格。

2.+あまり
表示”由於過度……,由於過分……”的意思,前面常用帶有感情,心理性的詞語。
彼女はそのニュースを聞いて、うれしさのあまり踊り出した。
母は悲しみのあまり、病気になってしまった。
忙しさのあまり、友達に電話するのをすっかり忘れてしまった。
彼女は彼のことを思うあまりに自分のことを犧牲にしてしまっている。
他聼了那個消息,高興得跳了起來。
母親因悲傷過度而病倒。
因爲過於繁忙,把給朋友打電話的事忘得一乾二淨。
她過於為他着想而犧牲了自己。

3. +以上(は)
後面常接表示説話人的意志、判斷、推量、勸告等。相當於“既然……就……”。與、的意思相近。
就職した以上一生懸命働きなさいよ。
それを見た以上は信じざるを得ない。
学生である以上、学校の規則を守るべきだ。
生きている以上、社会に奉仕しなけれはならない。
既然工作了就要好好干啊。
既然看到了,就不得不相信了。
既然是學生,就應該遵守學校的規章制度。
既然活著,就必須為社會服務。
4. +一方
表示“一方面……一方面……”,用言一般為現在時。也可作爲接續詞使用。
彼女はお金に困っていると言う一方で、ずいぶん無駄遣いもしているらしい。
南京は歩道橋を建設する一方、道路の整備にも力を入れた。
アメリカは広い国土を持っている。一方、日本は狭い島国だ。
上の息子は社交的だが、一方、弟のほうは引っ込み思案である。
她嘴上说没有钱,却大手大脚地挥霍。
南京一方面建造天桥,一方面致力于道路的修整。
美国拥有广阔的国土,相反,日本是一个狭小的岛国。
大儿子善于社交,与此相反,小儿子显得畏首畏尾。
5.+一方だ
表示某种状态、倾向、情况。相当于“不斷……、越來越……、……起來了”。
川の水は増す一方である。
最近、円は値上がりする一方だ。
仕事は忙しくなる一方で、皆心配している。
最近は日本語の勉強をしていないので、単語を忘れる一方だ。
河水一個勁兒地上漲。
最近日元不斷地升值。
工作越來越忙,大家都很擔心。
最近沒有學日語,單詞忘的越來越多。
6. +うえに
表示一種遞進關係,相當於“既……又……、
不僅……而且……”。類似句型有、。
あの人は金持ちの上に、性格もいい。
彼は実業家である上に、芸術家でもある。
彼女は顔たちがきれいな上に、頭もいい。
日が暮れた上に、雨まで降り出した。
那個人既有錢,性格又好。
它不僅是個實業家還是一個藝術家。
她不但長得漂亮而且聰明。
天黑了,而且下起了雨。

7. +上で(は)
表示“在……之後,在……的基礎上”的意思。
一応ご両親と相談した上で、ゆっくり考えていただいて結構です。
お目にかかった上で、相談しましょう。、可以在與父母商量的基礎上好好考慮。
跟您見面后再商量吧。
表示“在……的方面,在某种問題上”的意思。
暦の上ではもう春だというのに、まだまだ寒い日が続いている。
その公園は地図の上では近くてすぐ行けそうに見えます。
われわれは原則の上で譲歩することはできない。
雖説季節上已經到了春天,可是寒冷的日子仍在持續。
那個公園在地圖上似乎很近。
我們在原則上不能讓步。
8.+上は
後面闡述斷定事物的觀點。相當於“既然……就……”。與、的意思相近。
やると言ってしまったうえは、何が何でもやらなければならない。
一旦引き受けたうえは、決して途中で止めない。
留学を決心したうえは、しっかり勉強しよう。
誤りを犯したうえはよく反省しなければならない。
既然說了做不管遇到什麽都要去做。
既然答應了,就不能半途而廢。
既然決心留學,那就好好學習吧。
既然犯了錯誤,就要好好反省。
9. +うちに
前面是帶有表示時間 狀態的詞,表示某一段時間。
朝のうちに宿題を済ませよう。
熱いうちにどんどん食べてください。
母親が元気なうちに、一度一緒に香港にでも行こうと思う。
10.+ないうちに
接在動詞否定式之後,表示趁著該動作 狀態為開始時趕緊做該做的事。
暗くならないうちに、買い物に行ってこよう。
雨が降らないうちに早く帰ろう。
映画が始まらないうちに、トイレに行こう。
21.お++になる ご++になる
尊敬語的表達方式,表示對進行該動作的人的尊敬。
田中さんはもうお帰りになりました。
今度いらっしゃったら、ぜひ家にお泊りになってください。
しばらくお待ちになってくださいませんか。
先生、すぐご出発になりますか。
田中先生已經回去了。
下次您來,請一定住在我家。
請您等一會兒。
老師,馬上就出發嗎?
22. +限り(は)
表示只要前項不變,後項就會有相應的表現,相當於“只要……就……”。
あなたがこの会社の社員であるかぎり、会社の仕事をせねばならない。
保証人があるかぎり、この大学に入れる。
この山小屋にいるかぎりは安全だろう。
只要你是公司的職員就得干公司的活兒。
只要有保證人,就能進這所大學。
只要住在這山閒小屋,就會安全吧。
23.+限り(では)
表示凴範圍有限的根據,提出看法 判斷。相當於“据……所……”。
私の知っているかぎり、彼は絶対そんなことをするような人ではない。
私が聞いているかぎりでは、全員時間どおりに到着するということだ。
私の覚えているかぎりでは、あの単語を習ったことはない。
据我所知,它決不是做那種事的人。
据我所聞,全體人員都按時到達。
就我記得沒有學過那個生詞。
24.+ない限り(は)
表示沒有前項的前提,後項就得不到保證,相當於“除非……否則……”。
練習しないかぎり、上達もありえない。
あいつが謝ってこないかぎり、こっちも折れるつもりはない。
実践しないかぎり、真の知識を身につけることができない。
除非練習,否則不可能有所長進。
除非那傢伙來道歉,不然我不打算讓步。
除了實踐,否則不可能掌握真正的知識。(實踐出真知。)
25.+かけだ(かけの/かける)
表示動作進行一半 沒有做完就終止的意思。
彼女の部屋には編みかけにセーターが置いてあった。
その本はまだ読みかけだったから、友達に貸してあげたくない。
冷蔵庫の中には腐りかけの野菜しかなかった。
彼は何かを思い出したように行きかけて立ち止まった。
她的房間裏放著沒織完的毛衣。
那本書還沒看完,所以不想借給朋友。
冷藏庫裏只有快要坏了的蔬菜。
他好像想起了什麽似的,剛要出去又站住了。
26.+がたい
接尾詞。接在動詞連用形后構成復合形容詞,強調自己的感覺,表示“難以……,難於……”的意思。
彼は実に立派で、得がたい人間だ。
この文章は私にもなかなか分かりがたい。
誤りを犯すのは避けがたいことだ。
今度の会議は忘れがたい強い印象を与えてくれた。
他是個非常優秀又難得的人才。
這篇文章會我來説是相當難懂的。
犯錯誤是難免的。
這次會議給我留下難忘的印象。

27. +がちだ(がちの)
表示一種習慣性的傾向,通常用於不太好的事情。相當於“往往容易……,經常……,老是……”。
このごろは雪が降りがちだ。
高血圧は老人にありがちな病気です。
冬になると青い野菜が不足しがちです。
病気がちの子供はこの薬を飲みといい。
最近常常下雪。
高血壓是老年人的常見病。
一到冬天,蔬菜往往不足。
經常生病的孩子最好吃這種葯。
28.+かと思うと(かと思ったら)
接在動詞過去式的後面,表示剛出現前一種現象,緊跟著又產生皇后一種現象,相當於“剛一……就……”。
急に空が暗くなったかと思うと、激しい雨が降ってきた。
桜の花が咲いたかと思うと、もう散ってしまった。
雨が降ったかと思ったら、すぐ止んだ。
主人はさっき家に戻ってきたかと思ったら、知らぬ間にまた出かけて行った。
天空剛變暗,驟雨就下了起來。
櫻花剛一開就謝了。
雨剛一下就停了。
丈夫剛回家就又悄悄地出門了。
29.+か++ないかのうちに
表示兩個動作相隔很近,相當於“剛……就……,還沒……就……”,通常接過去式。
彼女は大学の試験を受けるか受けないかのうちに病気にかかって入院した。
映画館に入って席につくかつかないかのうちに映画が始まった。
ベッドに入るかは入らないかのうちに眠ってしまった。
她在剛要參加高考時就生病住院了。
坐進電影院還沒坐下,電影就開始了。
剛上床就睡着了。

30.+かねない
表示“不見得不……,很有可能……,説不定會……”的意思。
あの人ならそんな嘘を言いかねない。
お酒を飲んで運転すると事故になりかねない。
母は私のことを心配して、日本に来かねない。
こんな難しい問題では、先生だって間違えかねない。
他説不定會說那樣的謊話。
酒後駕車可能會引發交通事故。
母親擔心我,可能會來日本。
這樣難的問題,老師可能會錯。
31.+かねる
構成復合動詞,表示主觀上 情感上難以做到,有“不能,不便,辦不到,不忍”等意思。
そのことについては、お答えいたしかねます。
彼の態度はけっこうと言いかねます。
どちらの大学に入ったらいいか決めかねます。
ご招待をいただきましたが、病気のため参加しかねます。
關於那件事無可奉告。
很難説他的態度可以。
進哪一所大學為好我難以決定。
收到了邀請,可是因病也許不能參加。

32.+かのようだ(かのような)(かのように)
表示舉出一例,説明後面的事物與此相近似,語氣十分委婉。
あたり一面霧に包まれ、まるで別世界にいるかのようだ。
極楽にでもいるかのような幸せな気分だ。
彼は何も知らなかったかのように振舞っていた。
田中さんは現場にいあわせていたかのように詳しい報告した。
附近被濃霧籠罩著,好像在另一個世界裏。
感到很幸福,就好像在極樂世界一樣。
他裝成什麽都不知道的樣子。
田中報告得很詳細,就好像當時他在場似的。
33.+から++にかけて
表示從這一時間(空間)到那一時間(空間)之内,一直連續發生的事情。相當於“從……到……”。
二月から三月にかけて、彼はアメリカへ旅行した。
秋から冬にかけて、晴れた日が続きます。
今朝南京から上海にかけて雪か降りました。
私は高校から大学にかけて推理小説を愛読した。
二月到三月他去美國旅行。
從秋天到冬天,一直是晴朗的日子。
今天早上從南京到上海一帶下了雪。
我從高中到大學最愛看推理小説。
34.+からいうと(からいえば、からいって)
表示“從……來説……”的意思。是從某种角度 某一立場來進行判斷,得出這樣 那樣的結論。
私の立場から言うと、それは困ります。
彼の考え方から言うと、それは間違っているそうだ。
健康の点からいえば、これは大変よい運動だと思う。
さっきの返事の仕方からいって、私はあの人に嫌われているようだ。
あの人の性格から言って、そんなことで納得するはずがないよ。
從我的角度來説,那很爲難。
聽説以他的想法看來,那件事做錯了。
從健康的角度講,這是很好的運動。
從剛才的回話方式來看,那個人似乎討厭我。
以他的性格,那件事他是不會服氣的。
35.+からして
表示僅從所擧的事物來看,就能得出某种判斷 引起某种感想。相當於“僅從……來説,就……”、“單從……來看,就……”。
その教え方からして、新しくいらっしゃった先生はかなり経験豊かな方らしい。
その態度からしで気にくわない。
その君の言い方からして、外国人に対する偏見が感じられるよ。
話し振りからして彼はたいへん親しみやすいようだ。
單從他的教法看來,新來的老師就似乎有相當豐富的經驗。
僅從他的態度來看就不令人滿意。
單從你的這種説法來看,就能感到你對外國人有偏見。
僅從他的言談來看,就像是一個平易近人的人。
36.+からすると(からすれば)
表示從某事物來衡量的話,可以得出后句的判斷、結論。相當於“從……來看”、“以……來衡量”。
医者の立場からすると、患者の協力は絶対不可欠だ。
学生の要求からすると、私たちのやっていることはまだまだです。
社会の見地からすれば、皆さんのやっている仕事は有益なものである。
從醫生的角度來看,病人的合作是必不可少的。
按照學生的要求來衡量,我們做得還差得很遠。
從社會的角度來看,大家所從事的工作是有益的。
37.+からといって
表示前句提出原因,后句提出與原因相反的結果。相當於“雖然……但是……”、“儘管……也……”。常與、呼應使用。
体が弱いからといって、寝てばかりいてはだめだ。
嫌いだからといって、ぜんぜん肉や魚を食べないことはよくない。
儘管身體不好,但也不要老是躺著。
雖説不愛吃肉和魚,但一點不吃也不好。
38. +からには
表示“既然……就……”。
嫌がるからには、それなりの理由があるのだろう。
既然討厭就會有它的道理吧。
39.+から見ると(から見れば)(から見ても)
相當於“根據……看來……”的意思。
私たちの経験から見ると、それは全く可能なことである。
このデータから見れば、酸性雨の危害はどんどん広がっているといえる。
彼女はどの角度から見ても美しい。
從我們的經驗來看那是完全有可能的。
從這些數據來看,可以說酸雨的危害正在擴大。
不管從哪個角度看,她都很美。

40.+かわりに
表示“代替”,即一件事代替另一件是起作用, 一個人代替另一個人做事情。
わりに張さんが会議に出る予定です。
預定由小張代我出席會議。
41.+かわりに
表示交換條件,即前者為後者做一件事,作爲交換,後者也為前者做一件事。
先日招待してもらった替わりに、今日こっちから招待します。
王さんが英語を教えてくれる換わりに、私が日本語を教えてあげる。
前些日子承蒙款待,今天我來請客。
小王教我英語,我教他日語。
42. +かわりに
表示“雖然……但是……”,即連接兩項内容相反的事情,主要在強調後者。
あの人は欠点が少なくないかわりに、長所も多い。
値段が少し高いが、そのかわりに、持ちがいい。
那個人雖然缺點不少,但優點也很多。
價格雖然稍貴,可是還耐用。

43. +気味
接尾詞。表示有某种感覺。相當於“有點……,稍微……”。
ちょっと風邪ぎみで、咳が出る。
三十歳を過ぎてから、だんだん太り気味になった。
有點感冒咳嗽。
一過了三十嵗就漸漸有點發福了。
44. +きり(だ)
表示“只有……,只是……”的意思,類似于的だけ用法。
残ったのは私きりだった。
日本にいるのも今夜きりだ。
美しいきりで、何も役に立たない。
留下來的只有我一個人。
在日本也只有今天一個晚上了。
光好看,沒有什麽用處。
45.+きり+
表示“僅僅……”,與しかない相同。
外国へはただ一度きりしか行ったことはない。
只去過國外一次。
46.+きり+
表示“……之後,再也沒有……”的意思。
あの方とは一度お会いしたきりで、その後会っていない。
彼は卒業して日本を出て行ったきり、もう五年も帰ってこない。
和那個人只見過一次,以後沒有再見面。
他畢業以後離開了日本,已經有五年沒有回來了。
47.+きる(きれる)
構成復合動詞,表示達到最大極限,有“過了,極了”等意思。
無理な仕事をして疲れきってしまった。
彼女は絶対に自分が正しいと言い切った。
この本は難しくて、一週間かかっても読みきることができません。
做了超負荷的工作,累坏了。
她斷言自己絕對正確。
這本書很難,一個星期也不可能看完。
48.+きれない
きれない是きれる的否定形式。表示動作不能完全進行。有“……不到,……不了”的意思。
これはいくら悔やんでも悔やみきれないことだ。
たくさんあるから、一人で食べきれない。
この教室に100人は入りきれません。
那是一件後悔也悔不盡的事情。
太多了,一個人吃不了。
這個教室容不下一百人。
49. +くせに
表示“雖然……卻……”,“明明……可是……”的意思。帶有指責的語氣。前後主語需一致。
彼は自分ではできないくせに、いるも人のやり方に文句を言う。
自分が悪いくせに、人のことを責めている。
知っているくせに、知らないふりをする。
他自己不會做,卻縂對別人説三道四。
明明是自己不好,還責備別人。
明明知道,卻假裝不知。
50.+くらい(だ)
表示程度。説明事物達到了某种相當(高 低)的程度。
彼の顔も見たくないくらい嫌いだ。
一歩も歩けないくらい疲れている。
寒い日で、オーバーがほしいくらいだった。
忙しくて新聞を読む時間もないぐらいだった。
那人討厭的連看都不想看。
他累的一步也走不動了。
天氣冷得到了想穿大衣的地步。
忙得還看報紙的時間都沒有了
51.+くらいなら
在前面提出程度較甚的情況,後面説明與之比較的其他情況。相當於“連…都…就別説……”。
先生が分からないくらいなら、私に分かるはずがない。
いつも元気な山田君が風邪を引くくらいなら、ほかの人は肺炎になってしまうだろう。
連老師都不知道的話,我就更不會知道了。
一直都很健康的山田都感冒的話,別人怕是要得肺炎了。
52. +げ
表示由外部的觀察而感覺到的情況、樣子、感覺等。
二人はいかにも親しげに話している。
彼女の笑顔にはどこか寂しげなところがあった。
兩人像是很親密地在談話。
她的笑容裏多少有點淒涼的感覺。
53.+こそ +からこそ
こそ強調主語,相當於“正是……,才是……”。からこそ強調原因,相當於“正因爲……”。
アメリカこそ私が行きたいところです。
あなたがいたからこそ、この仕事もうまくいったのです。
君の見解は正しくないからこそ、私は賛成しないのだ。
只有美國才是我想去的地方。
正因爲有你在,這工作才能順利完成。
正由於你的看法不正確,我才不能贊成。
54.+ことか
表示特別強烈的感情。相當於“別提有多……啦”,“該有多……啊”。
新幹線はなんと速いことか。
とうとう成功した。この日を何年待っていたことか。
新幹綫別提有多快啦。
終于成功了,這一天不知道等了多少年。
55.+ことから
表示前句的事實是后句判斷的根據、綫索、理由。相當於“因爲……”,“由於……”。
あの人は何での知っていることから、百科事典と呼ばれている。
電気が消えていることから、外出だろうと思った。
土が湿っていることから、昨夜雨が降ったことが分かった。
あまり頭を使いすぎたことから、こんな病気になったのだと医者は言った。
因爲他什麽都知道,所以被大家叫做百科全書。
從沒有開燈看來看,想必是外出了。
地上溼了,可知昨夜下雨了。
醫生説是因爲用腦過度而引起的疾病。
56.+ことだ
表示前面提到的事情是必須的、重要的。相當於“首先……”,“最好……”,“應該……”。動詞應該是現在時。
自分のことはやはり自分でやることだ。
合格したければよく勉強することだ。
情最好還是自己做。
想及格的話,就得好好學習。
57.+ことだから
表示在某种前提下的推測 判斷。
親切な山田さんのことだから、きっと助けてくれると思います。
慎重な彼女のことだから、その辺のところまでちゃんと考えてあるとは思うけど。
山田很熱情,一定會幫忙的,
她很慎重,一定會考慮到那個方面的。
58.+ことなく
否定形式体言。書面語。
われわれはいつまでも変わることなく友達だ。
ひどい雪だったが、列車は遅れることなく南京に着いた。
彼女は朝早くから夜遅くまで休むことなく勉強しつづける。
一度も絶望することなく、成功するまで頑張った。
我們是永遠的朋友。
好大的雪,可火車還是準時到達南京。
她從早到晚不停地學習。
從未絕望過,一直堅持到成功。
59.+ことに(は)
形式体言。常用于表達自己驚訝 喜悅等感情
嬉しいことに、友人が空港まで迎えに来てくれていた。
驚きいたことに、彼女はもうその話を知っていた。
残念なことに、私が訪ねたときにはその人もう引っ越したあとでした。
高興的是朋友到機場來接我。
令人吃驚的是她已經知道那個消息了。
遺憾的是,我去拜訪的時候她已經搬家了。
60.+ことになっている
表示決定的事情一直在持續,即已約定俗成 是規定這樣做。用於此意思時,只能是進行時。
日本では玄関で靴を脱ぐことになっている。
日本語のクラスでは日本語しか使わないことになっている。
ゴミは毎週水曜日と土曜日に捨てることになっている。
在日本通常進門后脫鞋子。
規定在日語班裏只能使用日語。
規定每週三和周六扔垃圾。
61.+こ とはない
表示沒有必要做某事 預測某件事情不會發生。。相當於“用不着……”,“不會……”。
こんなに晴れているんだから、今夜雨が降ることはない。
簡単な試験だから、緊張することはない。
這麽好的晴天,今晚不會下雨的。
只是簡單的考試,不用緊張。

62. +際に(際は)
表示“在……的時候”,“當……之際”的意思。
お降りの際は、お忘れ物のないよう、お気をつけください。
今度お伺いする際、必ず持っていきます。
東京を訪問した際に、林先生のお宅に立ち寄りました。
下車時請留意不要遺忘東西。
下次拜訪之時一定帶去。
在訪問東京之際,順便拜訪了林老師。
63. +最中に(最中だ)
表示“正在……之中”,“正值……的時候”的意思。
会議を開いている最中に、電話がかかってきた。
その問題については、今検討している最中だ。
正在開會的時候打來了電話。
關於那個問題,現在正在討論。
64.+(で)さえ
與句末的否定形式相呼應,語氣強烈。相當於“連……都不……”,“甚至……”的意思。
この本は私に難しすぎます。なんについて書いてあるのかさえ分からない。
病気で水さえも飲むことができない。
そんなことは子供でさえ知っているよ。
這本書對我來説太難,就連寫的什麽都不知道。
病得連水都不能喝。
那樣的事情連小孩子都知道。
65. +さえ+ば
表示限定的必要條件,前者成立後者即成立。相當於“只要……就……”。
お金さえあればどこにでも行けるのだ。
病気になりさえしなければ、仕事を休まない。
努力さえすれば、必ず勝利をかちとることができる。
只要有錢哪兒都能去。
只要不得病久不請假。
只要努力,就一定能取得勝利。
66.+ざるを得ない
表示“不得不……”,多用於主觀上屈服于某种情況而必須這樣做,書面語。
自分の間違いを認めざるを得ない。
生活のためには、いやな仕事も引き受けざるを得ない。
交通渋滞のため。三十分早めに出かけざるを得ない。
白血病の子供を救うため、全ての財産を犠牲にせざるを得ない。
不得不承認自己的錯誤。
爲了生活,不想做的工作也必須接受。
由於交通堵塞,不得不提前三十分鐘出門。
爲了挽救患白血病的孩子,不得不犧牲所有財產。
67.+しかない
表示除此之外沒有其他更好的辦法了的意思。相當於“只能……”,“只好……”的意思。
そんなに学校かいやなら止めるしかない。
バスかないので、歩いて行くしかない。
母がいない間は自分で料理を作るしかない。
暇がないから、断わるしかない。
如果那麽討厭學校,就只有不去了。
因爲沒有公交車,只好步行去了。
媽媽不在的時候只能自己做飯。
沒有時間,只好謝絕。
+次第
表示兩個動作相繼發生。相當於“馬上……,立刻……,一……就……”。
落し物が見つかり次第、お知らせします。
事件の詳しい経過が分かり次第、お伝えします。
ビザか降り次第、ご連絡します。
找到遺失的東西后立刻通知你。
弄清楚事件的詳細經過后馬上轉告你。
簽證一下來就跟你聯係。
69. +次第だ(次第では)
接尾詞,表示“取決於……”,“要看……而定”,“由……來決定”等意思。
行くか行かないか化は明日の天気次第だ。
合格できるかどうかはあなたの努力次第だ。
その日の気分次第で、出かけるかどうかを決める。
結婚した相手次第では、人生が決まってしまうこともある。
去還是不去,要看明天的天氣怎麽樣了。
能否合格就要看你的努力了。
要看那天的心情,決定是否外出。
結婚對象的好壞有時也會決定人的一生。
70.+ずにはいられない
表示一種不可控制的心情,要進行某种動作。相當於“不能不……”,“禁不住……”。
彼女の美しさには誰でも魅了されずにはいられなかった。
その冗談にはどんなまじめな人も笑わずにはいられないだろう。
面白さのあまり、一気に最後まで読まずにはいられなかった。
誰都不能不被她的美貌所征服。
不管怎樣嚴肅的人都不能不被那個笑話逗樂。
太有趣了,禁不住一口氣讀完。
71.+すると
接續詞。表示前項動作結束之後發生后項的行爲。通常是與説話人 主語的意志無關的行爲。
薬を飲んだ。すると痛みがピタット止まった。
ボタンを押してください。すると蓋か開くはずです。
発車のベルが鳴り終わった。すると汽車が静かに動き出した。
吃了葯,疼痛立刻就停止了。
請按這個電鈕,蓋子就會打開。
開車鈴聲響了,於是火車慢慢地開動了。
72. +せいだ(せいで)(せいか)
表示產生不良後果的原因。相當於“因爲……”,“就怪……”,“ 許是因爲……”。
夜眠れないのは騒音のせいだ。
目が悪くなったのはテレビを見すぎたせいだ。
二人か遅刻したせいで、みんな特急に乗れなかった。
晚上睡不着是因爲有噪音。
眼睛不好是因爲看電視過度。
因爲兩個人遲到,大家都沒有趕上特快。
73. +だけ
表示限定。相當於“只能……”,“只好……”。
話せるのは中国語だけで、他のものは話せません。
バスもなければタクシーもない、歩いて帰るだけだ。
只會說中文,其他的都不會。
既沒有公交車也沒有出租車,只能步行回去
74.+だけの+
表示程度上的標準,相當於“足以……”,“足夠……”。
家族を養うだけの金を稼ぐのはなかなか大変だ。
その学生には異国で暮らせるだけの語学力が不足している。
要掙夠養家糊口的錢是多麽艱難。
對那位學生來說,能在異國他鄉生活的語言能力還不夠。
75. +だけあって
表示“正因爲……”,“不愧是……”,“難怪……”等意思。
あのパンは美味しいだけあって、よく売れる。
この図書館は新築だけあって、図書室もきれいだし、設備もいい。
那個麵包正因爲好吃才暢銷。
不愧是新建的圖書館,圖書室整潔,設備也好。
76. +だけに
表示由前者的原因產生與此相關的結果。相當於“不愧為……”,“正因爲……”。
お茶の先生だけに言葉遣いが上品だ。
王さんたちは若いだけに徹夜をしても平気なようだ。
不愧是教茶道的老師,使用的語言都很高雅。
正因爲小王他們年輕,即便熬夜也不在乎
77.+ば++だけ
表示前後項成一定比例的變化,相當於“越……越……”的意思。
ピアノは練習すればするだけよく指が動くようになる。
交渉は時間をかければかけるだけ余計にもつれていた。
越練鋼琴手指越靈活。
交涉的時間拖得越長越糾纏不清。
78. +末に(末の)
表示“……之後”,“……的結果”的意思。
よく考えた末に決めたことだ。
長時間の協議の末に、やっと結論が出た。
深思熟慮之後決定的事情。
長時間的協商后,總算得出結論。
79.たとえ++ても   たとえ+ +でも
表示假定條件,相當於“即使……也……”。
たとえお金かあっても暇がないので、遊びにはいけない。
たとえ安くても、その会社の製品は買わないつもりだ。
たとえあそこは静かでも、住みに行く人が少ない。
有錢但沒有時間,所以不能去玩。
即使便宜也不打算買那傢公司的產品。
即便那裏安靜,去住的人還是很少。
80.+ところ
表示順接關係。起承上啓下的作用。
やってみたところが意外に易しかった。
あの店に問い合わせたところ、友人が買い求めたい薬があった。
食べてみたところ、この果物は口当たりがいいですよ。
試做了一下,想不到很容易。
向那個商店打聽了一下,有朋友要買的葯。
嘗了一下,這水果果真鮮美爽口。
ところが
表示逆接關係。相當於“可是……,還是……”。
昨日わざわざ彼を訪れたところが、あいにく留守だった。
何回も読んだところが、よく分からなかった。
今度勝つと思ったところが、案外負けた。
表示動作剛剛進行完畢。
日本から帰ってきたところだ。
昨天特意去看他,不巧他不在。
讀了好幾遍,還是不大懂。
我想這次一定要贏,可是竟然輸了。
剛剛從日本回來。
信息收集整理上海翻译公司 http://www.locatran.com

留下评论